快感フレーズ(13)の説明です

長期のオフに入り、自動車教習所に通い始めた咲也。
だが、そんな咲也の前に現れた愛音の元彼・公信(きみのぶ)。
公信は政略結婚から逃れるため、愛音に婚約者のフリをしてくれと言いだした。
それを引き受けた愛音に咲也は…!? 世界進出に向け、ロンドンデビューに乗り出したリュシフェル。
プロモーションやレコーディングのため半年間日本を離れることになり、メンバーのそれぞれがつらい別れを強いられる。
咲也と愛音も例外ではなく、出発の時が近づいて…!?世界で戦う実力を養うため、世界進出を延期したリュシフェル。
高山は新人バンド「e・mu」をリュシフェルと競わせることで、さらなる力を引き出そうと画策する。
そして、愛音はe・muの曲に詞を書くことになり…。
いっしょに…死のうか――。
芸能事務所社長・吉岡はリュシフェルを潰すため、愛音を強姦した。
それを知った咲也はリュシフェルを捨て、怒りにまかせ吉岡の所にナイフを手に乗りこんだ。
しかしとどめを刺す寸前、ラルフが現れ…!?こいつの人生すべて、俺が責任を持ちます――。
咲也がリュシフェルに戻らぬまま、日本での最後のライブが迫っていた。
ライブ開始の直前、高山は交通事故を起こし帰らぬ人に。
悲しみに暮れるメンバーを引っ張って、ステージに立った咲也は!? 続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60021654

Ads by Sitemix