項羽と劉邦(20)を考える

漢と楚はついに和睦した。
しかし張良はこの機を逃さず、すぐに項羽を討つことを劉邦に説く。
しかし義を重んじる劉邦はその決断ができず、ようやく重い腰を上げたときはもう項羽は迎え撃つ準備を万端にしていた。
さらに戦の恩賞に不満の韓信と英布が援軍に現れず…。
遂に漢楚は最後の激突の時を迎えた! 味方は次々と破れ、ある日漢軍に囲まれた項羽は四方から楚の歌が流れてくるのを聞き、敗戦を覚悟する。
それでも最後まで鬼神のごとき強さで戦い続ける項羽。
項羽、劉邦、二人の獅子の運命は…。
横山光輝の絢爛たる史記の世界、遂に完結!和太鼓集団・漆間組を襲った二つのショッキングな出来事……助成金打切りの知らせと、組の財産ともいうべき太鼓を積んだ車の事故。
超イナセな若手組員、未朋はファイナンス会社の新社長、都倉に助成金再開の直談判を試みる。
交換条件として「呼び出されたら、どんな時でもここへ来て、咥えろ!」と躰での奉仕を求められ……。
侠気ラブ!1989年11月、ベルリンの壁崩壊をもって終ったといわれる「冷戦」とは何だったのか。
米ソ両大国およびその陣営の間の覇権争いの時代といわれる。
核兵器を頂点とする双方の軍拡競争がエスカレートし、世界滅亡何分前という「核時計」が現実味をもって憂慮された。
戦火を交えないという意味でコールド・ウォー称されたが、実際は、朝鮮戦争、ベトナム戦争、キューバ危機など、瀬戸際の噴出だっただけに、悲惨かつ長期にわたる戦火が世界を覆った。
「歴史叙述」で定評のある著者が、冷戦を同時代として描いた労作。
21世紀という歴史的現在を知るための必読の書。
従兄弟のジェイクが1年間の高校留学のために日本にやってきた。
圭吾は6年前の夏休みに彼を傷つけてしまったことを今でも後悔していたのだが…。
もう長い事同性にしかときめかないその理由を、奴は知っているんだろうか――。
幼なじみとの6年越しの切ない恋を描いた表題作他4編を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010767

Ads by Sitemix